経歴・業績データ

教授 
道奥 康治 
ミチオク コウジ 
MICHIOKU Kohji 

個人ウェブサイトはこちら  

更新日:2017/10/20 

経歴
大阪大学  工学部土木工学科  助手  1979/04/01-1988/03/31 
大阪大学  教養部  非常勤講師  1986/04-1986/09 
近畿大学  理工学部  非常勤講師  1987/04-1989/03 
神戸大学  工学部  助教授~教授  1988/04/01-2014/03/31 
明石工業高等専門学校  非常勤講師  1989/10-1990/03 
カールスルーエ大学  客員研究員(アレクサンダー・フォン・フンボルト財団)  1989/12-1990/11 
徳山工業高等専門学校  非常勤講師  1997/12-1997/12 
神戸市立工業高等専門学校  非常勤講師  1999/04-2001/09 
京都大学  防災研究所  非常勤講師  2002/04/01-2005/03/31 
法政大学   デザイン工学部都市環境デザイン工学科  教授  2014/04/01-現在 

学歴
大阪大学  工学部  土木工学科  1977/03/25  卒業 
大阪大学大学院  工学研究科  土木工学専攻  博士前期  1979/03/25  修了 

学位
工学博士  大阪大学  1986/09/26 

教育・研究活動状況
《主な担当授業(過年度を含む)》
◯学部・高専など
土木工学通論,市民工学概論,市民工学倫理
資源・材料とエネルギー
創造思考ゼミナールⅠ,Ⅱ
水理学Ⅰ,水理学Ⅱ
測量学Ⅰ,測量学Ⅱ,測量学実習
水理学演習Ⅰ,水理学演習Ⅱ,水工実験設計
河川工学,陸水工学,水文学,海岸工学,港湾工学
水圏環境工学,環境水工学,水質管理工学,水資源工学
●大学院
水理学特論,流域マネジメント
先端融合科学特論
水圏物質輸送論,陸水環境論,陸水域の環境
水資源論

《主な学内業務(前任地などを含む)》
学科長(専攻長)2回,教務委員2回
学生委員長
全学委員:保険管理センター運営委員,学生委員,全学共通教育運営委員(応用科学技術部会長)
工学部公開講座委員
技術センター運営委員
FDなどピアレビューの提案・試行
教室内の諸WG長(カリキュラム,FDなど)
21COE「安全と共生の都市環境デザイン戦略」 

研究分野
環境水理学 
河川工学 

研究キーワード
河川工学 
環境水理学 
密度流 
乱流 
貯水池水理 
水質解析 
曝気循環 
洪水流解析 
河川構造物 
移動床水理 

研究テーマ
貯水池の水質水理  水温成層,貧酸素化,密度流  1979-現在 
河道内樹林の水理・生態特性  河川工学  2007-現在 
浸出水の水質浄化  廃棄物,浸出水,窒素除去  2007-現在 
湛水区間の河川地形解析  河川地形,土砂輸送  2012-現在 
深層曝気を考慮した貯水池水質の生態系モデルの構築  深層曝気を考慮した貯水池水質の生態系モデルの構築 
捨石河川構造物のモデル化  捨石河川構造物のモデル化 
停滞性海域の水質浄化  停滞性海域の水質浄化 
ゴミ埋め立て処分場の浸出水処理に関する研究  ゴミ埋め立て処分場の浸出水処理に関する研究 

受託・共同・寄附研究実績
水文確率特性と樹木生態・伐採を考慮した河道内樹木の消長解析と河川管理への適用(代表)  2010-2011  その他 
廃棄物堆積層からの浸出水の簡易浄化技術の開発(代表)  2008-2009  その他 
捨石粗朶材料を用いた堤防護岸工の流水制御・環境機能の研究(代表)  2004-2005  その他 
陸水域における熱環境指標の地域分布特性に関する研究(代表)  1995-1996  その他 
貯水池取水口周辺の局所洗堀と土砂混入防止に関する研究(代表)  1994-1995  その他 
詳細表示(学術研究データベースへ)...

競争的資金等の研究課題
自然材料を利用した水工構造物の学理構築と公式化(代表)  科学研究費  基盤研究(C)  日本学術振興会  科学研究費  2017/04/01-2020/03/31 
河川環境の自律的再生を誘導する河道の維持・改修技術の体系化(代表)  科学研究費  基盤研究(B)一般  2014/04/01-2017/03/31 
河川の疎通能力を確保するための樹林啓開の最適化に関する水理計画学研究(代表)  科学研究費  挑戦的萌芽研究  2014/04/01-2016/03/31 
河道内樹林の消長機構に関する水理・生態学的解析と持続的河川管理に向けた戦略研究(代表)  科学研究費  基盤研究(B)一般  2011/04-2014/03 
流域圏の自然共生度分析と地域再整備への適用(代表)  科学研究費  挑戦的萌芽研究  2010/04-2012/03 
詳細表示(学術研究データベースへ)...

著書
Open Channel Hydraulics, River Hydraulics Structures and Fluvial Geomorphology  Kohji Michioku, (Chapter 4), edited by Artur Radecki-Pawlik, Stefano Pagliara, Jan Hradecky  CHAPTER 4, Hydrodynamics of River Structures Constructed with Natural Materials  56-81  CRC Press, Taylor & Francis Group  2017/08/31  9781498730822  URL  This book presents practical hydraulic and river engineering research along with fluvial geomorphological concepts, and links the theoretical and practical knowledge of people working every day with rivers, streams, and hydraulic structures to fluvial geomorphology. Besides providing a guide for professionals, this book also provides material for students to acquire the knowledge and skills to rehabilitate rivers, streams, and waterways. 
Micro- and Nanobubbles: Fundamentals and Application, Edited by Tsuge,H., "4.2 Purification of water quality"  Hideki Tsuge, et al.  109-123  Pan Stanford Publishing Pte. Ltd., Singapore  2014/08  978-981-4463-10-2  Significant pollutant loads have been yielded from catchments due to extensive human activities. This produces large amounts of nutrient and oxygen demanding substances such as organic matter and brings various negative impacts to the natural environment of rivers and oceans. In this section, two examples of micro-bubble aeration technology have being reported as a countermeasure against water quality troubles in a river catchment. The first topic is micro-bubble aeration to prevent deoxidation in reservoirs. The second is a micro-bubble technology for treatment of leachate from garbage-dumped landfill. 
全世界の河川事典  編集委員長 高橋裕  丸善  2013/07  978-4-621-08578-3  日本(3,000件)と世界(1,000件)の河川・湖沼、放水路・運河・疏水・用水を個別に取り上げて解説する、これまでありそうでなかった河川の一大リファレンス.それぞれの河川の基礎データ(長さ、流域面積、流路など)はもちろん、洪水・水害、河川史、流域の特徴、歴史、行事までを収録。充実した河川地図を巻末に掲載するなど資料的価値の高い事典です. 
ダムの科学  角哲也,他  サイエンス・アイ  2012/09/01 
マイクロバブル・ナノバブルの最新技術II,マイクロバブル曝気を用いた陸水域の水質浄化技術  シーエムシー出版  2010/05/01 
詳細表示(学術研究データベースへ)...

論文
研究論文(学術雑誌)  単著  分取水工の三次元ポテンシャル流解析  道奥康治  土木学会論文集B1(水工学)  土木学会  73/ 3, 71-76  2017/10/20  開水路の分取水工近傍に形成される縮流や局所洗堀などを制御するためには,三次元水理解析に基づいて呑口の形状・諸元を適切に設定する必要がある.このように流線が収歛する流れでは空間的な加速領域が形成されて慣性項が卓越するため,条件によっては完全流体近似が可能である.本研究では,主水路側面から直角に分取水される流況を想定し三次元ポテンシャル流の理論解を求める.運動方程式が不在のため,動水勾配や乱流・粘性などが卓越する流況への適用には限界があるが,主水路・呑口の様々な諸元・幾何条件に対する三次元分取水流の厳密解が机上計算により簡易に得られる.本理論を予備解析ツールとして利用すれば,動力学を考慮した三次元数値解析や水理模型実験を実施するための解析条件を絞り込むなど,水理設計の省力化を実現できる. 
研究論文(その他学術会議資料等)  共著  持続可能な国土をめざす知の基盤形成-「国土学」の体系と戦略的実践  道奥康治他(国土と環境分科会)  第23期提言  日本学術会議  1-16  2017/09/29  URL  環境と災害への一体的対応を基軸とする国土形成を支えうる学術分野の重要課題を抽出し、新たな知の体系である「国土学」を提案するとともに、社会実装のための人材育成システムと学術運営の戦略と方策のあり方を提唱する。 
研究論文(学術雑誌)  共著  上流の河道形状と堰湛水の影響を受ける合流部の河床変動とその制御に関する研究  髙田翔也・神田佳一・道奥康治・久保裕基・岡本吉弘  土木学会論文集B1(水工学)  土木学会  73/ 4, I_865-I-870  2017/02/01  兵庫県を流れる加古川では, 加古川大堰の上流区間において, 堰の湛水と左支川美嚢川の合流,及び上流河道の弯曲の影響により, 合流部での右岸砂州の肥大化や澪筋の左岸への偏向・固定化, 水面利用域の浅水化が進行している.本研究では,美嚢川合流部周辺の河川地形とその形成要因に関して,現地河道を模した合流模型実験水路を用いて移動床実験を行い,合流部での流れと河床形状を支配する要因を明らかにするとともに,砂州の制御の為に設置された水制工の水理機能とその効果について,移動床模型実験により考察した. また,2次元流れの公開数値解析ソフトNays2DHを用いて実験の再現計算を行い, 実験結果の検証とその適用性の検討を行った. 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  単著  Towards A Comprehensive Design of Nature-Oriented River Structures  Kohji Michioku  Proc. 7th Civil Engineers Conference in the Asian Region  ASCE  CD-ROM, 1-12  2016/08/31  Along the paradigm of near-nature river work, structures tend to be constructed with natural materials such as stones, boulders, logs, timbers, live trees, branches, rootwads and so on. In order to diffuse the nature-oriented structures to more river restoration projects as state of the arts technology, it is required to understand the complex interrelating system between hydrodynamics, fluvial process and ecosystem around structures. The present article is to highlight recent research works focusing on hydrodynamics of natural vegetation- or rock-arranged structures. First, traditional river structures such as flood protection forests, weirs, groynes, spurs, rough ramps are overviewed. Secondly, some examples of hydraulic models for analyzing the vegetated channel's hydrodynamics are reviewed, anticipating that the riparian vegetation would be used as shore protection works. Thirdly, hydrodynamics are discussed for rock-arranged structures such as dykes, embankments, weirs, spurs, groynes, ripraps, ramps, fish ladders and so on. Fundamental researches on hydraulic conductivity and flow drags of rock-fill structures are briefly reviewed and analyses on flow fields around the structures and structure failures are shown. 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Field measurement and numerical analysis on tree breakage modes during floods in a middle-stream reach  K. Michioku, K. Kanda, S. Kometani, Y. Irie  Proc. RIVER FLOW 2016  TAYLOR and FRANCIS GROUP, LONDON, UK, CRC Press  1860-1868  2016/07/12  978-1-138-02913-2  Two types of breakage or dislodgement mode are observed in riparian vegetation after flood, i.e. (I) overturn-ing and (II) uprooting, which have distinctly different breakage mechanisms from each other. The overturn-ing is driven by the drag force moment, while the uprooting is caused by local scouring of substrate layer around a trunk. Therefore, the breakage mode is determined by local flow structure, vegetation characteris-tics and properties of bed materials. In order to examine tree breakage situations after a flood event, field measurements were carried out in a middle-stream reach where willows were densely vegetated on the flood-plain. The observed breakage mode was classified into four categories; (A) unbroken, (B) overturned, (C) uprooted, and (D) overturned and uprooted. A hydrodynamic analysis of flow and drag force during flood was performed by using a two-dimensional two-layer (2D2L) hydrodynamic model in which the system was vertically segregated into the vegetation and overlying water layers by an interface that encompasses the vege-tation canopy. In order to verify the analysis, the tree breakage mode estimated from the model was com-pared with the field data and agreement between the analysis and measurements was confirmed. 
詳細表示(学術研究データベースへ)...

研究発表
口頭発表(一般)  歴史洪水を想定した 歴史洪水を想定した 歴史洪水を想定した 歴史洪水を想定した 歴史洪水を想定した 万力林の 万力林の 水防 機能 に関する水理学的 に関する水理学的 に関する水理学的 に関する水理学的検証  第72回 土木学会年次学術講演会  2017/09/12 
口頭発表(一般)  交互配置された樹林が流れの構造に及ぼす影響と抵抗特性に関する研究  第72回 土木学会年次学術講演会  2017/09/11 
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  Experimental verification of two-layer model for analysing hydrodynamics of submerged vegetation  4th International Symposium of Shallow Flows, Eindhoven University Technology  2017/06/27  Riparian vegetation is mostly submerged during floods and a shear-dominant mixing layer develops at the top of vegetation canopy in addition to along horizontal boundaries of vegetation. In this case, a two-layer approach is useful to provide a reasonable description of vegetation dynamics. In this study, hydrodynamic performance of the two-dimensional two-layer model, "2D2L model", was verified by comparing the numerical solution with laboratory data that was obtained from a test flume experiment with various arrangement of vegetation. In the model, the internal shear stress generated at the outer boundaries of vegetation canopy was considered as an extra resistance component in addition to those from bed roughness, vegetation and channel's geomorphology. The composite roughness coefficient estimated from all the flow resistance components were in excellent agreement between the model and experiment. 
口頭発表(一般)  笛吹川万力林の洪水流・土砂制御機能に関する水理解析  土木学会第44回関東支部研究発表会  2017/03/08 
口頭発表(一般)  樹木粗度が配された複断面開水路における流れの構造と抵抗特性に関する考察  土木学会第44回関東支部研究発表会  2017/03/08 
詳細表示(学術研究データベースへ)...

受賞
兵庫県功労者表彰(県政功労)  2017/05/03  兵庫県政の伸展,公共の福祉増進への功労,県民の模範となった人物に対し,兵庫県知事が県民を代表して授与する賞. 
ダム工学会著作賞  ダムの科学(分担執筆)  2016/05/31 
河川整備基金助成事業成果表彰  水文確率特性と樹木生態・伐採を考慮した河道内樹林の象徴解析と河川管理への適用  2011/10  水文確率特性と樹木生態・伐採を考慮した河道内樹林の象徴解析と河川管理への適用 
土木学会論文賞  貯水池の有機汚濁と深水層における逆転水温層・高塩分水塊の消長について  2004/05/28  貯水池の有機汚濁と深水層における逆転水温層・高塩分水塊の消長について 
土木学会論文奨励賞  停滞成層水域内の鉛直混合機構と水温構造の解析に関する研究  1987/05/28  停滞成層水域内の鉛直混合機構と水温構造の解析に関する研究 
詳細表示(学術研究データベースへ)...

担当授業科目
水理学2 
河川環境工学 
導入ゼミナール 
工学実験2 
卒業研究1 
詳細表示(学術研究データベースへ)...

教育実績
湖やダムの水環境, 開明高校大学体験  2003/12-現在 
湖やダムの水環境,北摂三田高校一日大学体験講座  2003/07-現在 
ズーム・イン・かわ -水害に学ぶ- 土木学会関西支部,土木文化講座  2000/09-現在  湊川中学校 
水環境の創生技術  1993/07-現在  神戸大学工学部公開講座サマースクール 
詳細表示(学術研究データベースへ)...

社会貢献活動
大阪府 都市基盤施設維持管理技術審議会委員  2013/11-2014/03 
国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所 淀川維持管理技術検討会委員  2013/11-2014/03 
兵庫県 今後の社会基盤整備のあり方に関する有識者委員会委員  2013/10-2014/03 
神戸市環境影響評価審査会委員  2013/09-2014/10 
兵庫県丹波県民局 丹波東部(竹田川流域圏)地域総合治水推進協議会委員  2013/07-2014/03 
詳細表示(学術研究データベースへ)...

所属学協会
土木学会 
日本学術会議  2003/10-現在 
日本混相流学会  1993/07-2014/03 
詳細表示(学術研究データベースへ)...