卒論修論タイトル

卒業論文・修士論文の一覧

 ここでは、都市デザイン研究室のメンバーが卒業論文・修士論文として取り組んだ研究のタイトル、および研究概要のPDFファイルを掲載しています(2010年度以降)。

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度

2016年度

修士論文

越渡 倭真
石岡市の現状と中心市街地の土地利用変化に関する研究

池田 恵一朗
大都市圏の既設路線上の新駅における都市計画上の位置付けと現状に関する研究

ボルドバートル トゥルガ
ウランバートル市におけるゲ地区再開発の現状と評価に関する研究

結城 直紀
広域・上位計画に着目した東京都心の業務地形成過程と現状に関する研究

卒業論文

石川 直麦
乗降人員から見る首都圏鉄道各線に関する研究
兼本 朝日
熱海市の観光動向に関する研究
佐藤 拓実
落合・鶴牧地区における「多摩ニュータウン環境計画」の展開に関する研究
棚澤 智美
東京都の人口減少地区における土地利用の詳細実態把握
松岡 大地
筑波研究学園都市中心市街地の計画とその現状に関する研究
山﨑 勇輔
さいたま新都心開発の建設計画捕捉とその現状に関する研究
土屋 累央_松谷 唯
小地域人口に着目した東京区部の人口密度と市街地形態に関する考察

2015年度

修士論文

伊藤正樹
伝統的建造物群保存地区における基盤整備に関する研究
朱安琪
中国の規制型詳細計画に関する研究

卒業論文

井出 太幹
連続立体交差事業における新たな費用便益分析についての研究
卯之澤 祥子
港北ニュータウンにおけるグリーンマトリックスの現状と開発の経緯に関する研究
工藤 莉奈
市民まちづくり条例の実態とその成果に関する研究
小柳 雄太郎
神奈川県における工場用地及び鉄道用地の用途変更と跡地利用に関する研究
高野 雄介
千葉県東葛地域における人口動態と土地利用変化に関する研究
高橋 彩花
港北ニュータウンの商業業務施設立地計画の確認・検証に関する研究
筒井 伸
東京100km圏5都市の比較等からみた甲府都市圏の評価に関する研究
村田 賢亮
北陸地域の産業と生活環境における特徴及び強みに関する研究
横田 航也
関東地方における大型商業施設が中小店舗に与える影響に関する研究

2014年度

修士論文

飯田 裕磨
飯田橋五差路交差点の設計に伴う歩行環境改善に関する研究
蓮見 和紀
駅前広場における歩行者空間の面積と施設配置に関する研究
平山 望 
首都圏の人口回復地区における土地利用の詳細実態把握

卒業論文

谷口 弘樹
首都圏大型ショッピングセンターの店舗の構成に関する研究
池田 恵一朗
新幹線請願駅と周辺地域開発の経緯・効果に関する研究
 -相模新駅・ツインシティ計画の検証-
石井 悠太
北海道の消滅可能性地域に関する研究
大久保 美紅
規定密度を下回る人口集中地区の現状に関する研究
梶原 裕也
連続立体交差事業における高架下受益に関する研究
清水 悠介
海浜ニュータウンの記録集成並びに整備の意義に関する研究
戸谷 飛鳥
個店型小売販売額回復地域の特色と傾向に関する研究
西田 沙織
都市計画マスタープランにみられるコンパクトシティ像の現状
結城 直紀
東京都区部における再開発の変遷と傾向・特性に関する研究

2013年度

修士論文

小川 晃史
マクロシミュレーションを用いた事業効果把握手法に関する研究~連続立体交差事業をケーススタディとして~
詫摩 直人
まちづくり三法改正による郊外大型店出店規制が中心市街地に与えた影響

卒業論文

射谷 陽平
東京圏の発展に伴う鉄道輸送施策の対応に関する研究
大川 愛、吉田 里子
住宅地開発の手法・年代・規模に着目した特徴と現状に関する研究
大澤 周平
札幌市における人口変動と土地利用変化の対応に関する研究
菊池 雄介、渡邉 大輝
オフィスワーカーに着目した業務核都市制度の評価と現状に関する研究
剱持 良太
人口回復都市における人口回復要因の把握に関する研究
朱  安琪
中国蘇州における市街地発展の経緯と都市計画に関する研究
幅舘 亮太
飯田橋五差路及び周辺の変遷と歩行環境改善の可能性に関する研究

2012年度

修士論文

田崎 未来
飯田橋交差点の歩行者から見る利便性・快適性に関する基礎的な研究
堤  健二郎
地方都市における既実施連続立体交差事業の効果に関する研究
矢嶋 聡 
都市圏単位にみる商業施設等の立地傾向・整備状況に関する研究

卒業論文

飯田 裕麻、蓮見 和紀
飯田橋周辺の歩行環境に関する研究
上江洲 喬 
道路構造基準の変遷から見る土地利用条件の変化に関する考察
川合 咲 
太田都市圏における商業等の状況に関する研究
北畑 衣莉奈、星野 真紀子
都市内の一定の地区イメージの要因に関する研究
越渡 倭真、山野 航
通勤鉄道の乗降者減とその要因に関する研究
平山 望 
首都圏の人口減少地区における土地利用の詳細実態把握
星﨑 果歩、吉田 翔一
連続立体交差事業における高架下空間の利用価値に関する研究

2011年度

修士論文

内田 健太
過去の復興まちづくりの成否要因に関する研究 -岩手県沿岸中小集落を対象として-
音居 侑一郎
市街地タイプ別における連続立体交差事業の効果に関する研究
竹重 邦彦
都市圏単位にみる公共施設等の立地傾向・整備状況に関する研究
馬場 優作
大阪市及び周辺における鉄道の乗降人員の変化とそれに関わる指標に関する研究
平野 真也
まちづくり交付金の事後評価を用いた指標設定の検証

卒業論文

加藤 千昌、中川 喜夫
連続立体交差事業における暫定仮高架化がもたらす社会的便益に関する基礎的研究
片原 啓佑、中沖 綾香
大都市鉄道の乗降客数と沿線人口推移の状況に関する研究
瀧田 瞳 
道路構造基準の変遷から見る土地利用条件の変化に関する考察
倉島 雄真、詫摩 直人
首都圏の人口減少地区における土地利用の詳細実態把握
新崎 希美、山口 麻香
経済指標による地方都市評価と都市中心部構成の比較研究

2010年度

卒業論文

鎌田 章子、高梨 竜太
首都圏郊外の人口減少地区の実態
桑野 朗、堤 健二郎
連続立体交差事業における高架下空間の利用に関する研究
鈴木 健斗、富永 泰平
首都圏通勤鉄道の将来利用者数展望
永島 慎也、袴谷 一成
定量・定性的観点から見た道州制の検討
増渕 亜美
自治体向けアンケートを活用したまちづくり交付金による取り組みの効果分析
松本 哲典
低炭素都市施策の効果展望~低炭素都市2050なごや戦略を題材にして~
矢嶋 聡 
まちづくりの転換期に向けた、都市の密度指標に関する基礎的研究