卒論修論タイトル

卒業論文・修士論文の一覧

ここでは、空間情報・伝達研究室のメンバーが卒業論文・修士論文として取り組んだ研究のタイトル、および研究概要のPDFファイルを掲載しています(2010年度以降)。

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度

2016年度

修士論文

黒 卓陽
東京の都市イメージ形成への鉄道路線の影響
吉田 魁人
日常生活における経路選択行動から見る最短経路概念の再検討

卒業論文

有賀 しほり
屋外広告物からみる大久保地区の異文化空間の多様性
上栁 至
東京都における中世城館立地の地形的特徴と現在の土利用特性
東畑 収
舎人公園の空間機能分布と利用動関係
森 昂志郎
千葉県の埋立地における未利用・放置空間成因とその特徴
岡 宥斗
東京23区内における道路通称名の命名方法と既存名称が有する諸課題
小泉 拓椰
東海道本線の土砂災害・津波浸水リスク区間抽出と危険度順位付け
机 健太
台東区の地場産業を活かしたまちづくりにおけるクリエイターの立地傾向
林 飛龍
首都圏における鉄道路線の地形及び社会的要因からみた迂回原因の分析
丸山 侑真
東京五輪観光を兼ねたアクセス手段としてのロープウェイ導入の検討

2015年度

修士論文

向井亮
フランスの交通輸送インフラ整備における地形的要因の指標化

卒業論文

秋谷 優人
乗り換え負担に着目した東京の地下鉄駅の連結構造の分類
岩本 直也
町田駅のJR-小田急駅間連絡通路における経路選択要因の研究
魚谷 咲良
災害リスク表現における背景図としての数値標高モデルの適用性の検討
岡本 遼子
海外事例を通して見る日本のラウンドアバウト導入の可能性
熊澤 勇汰
山手線各駅の周辺市街地の空間構造パターンと地形との関係

2014年度

修士論文

新井 陸
江戸の城下町における町名区分と地形構造の整合性
THAN HTAY AUNG
ミャンマーの土地管理におけるGISを用いた衛星画像の有効性

卒業論文

阿諏訪 樹生
東日本大震災からみた復興支援行事の開催空間特性とその必要性の検討
飴田 千慧
河川空間から見た城下町千葉県大多喜町の特徴
飯塚 晃大
埼玉県における竜巻現象と避難場所の現状に基づいた竜巻対策の検討
黒 卓陽
東アジアを中心とした多言語対応の都市案内情報の国際比較
高橋 直義
東京五輪における会場アクセスの条件別交通分担の検討
寺牛 憲太朗
日常生活行動パターンを通して見る都心居住と郊外居住の住みやすさ評価の比較
吉田 魁人
PT調査データを用いた東京都市圏における交通身体活動量と空間構造の関係
古木 貴之
官民連携による廃校活用の用途分類と立地特性

2013年度

卒業論文

井出 皓介
神楽坂地区の市街地変容の主要要因とその特徴
浦井 隆宏
品川区における高火災危険度地区の建物更新パターンを通した特徴
生川 未有
歩行空間に見る沿道施設と舗装の組合せ
國井 冴 
高齢者の生活行動パターンを通した葛飾区と越谷市の施設分布評価
佐藤 真太郎
移動性から見た高齢化団地における空間構造へのニーズと現実の乖離
住田 凌 
八王子駅周辺バリアフリー整備方針の需要者ニーズからの再検討
宮川 隆良
江戸・東京の神社にみる都市の緑への貢献
向井 亮 
千代田区における日常生活移動快適性にみる地区特性とその評価
森  雄土
馬場の変遷からみる緑地・オープンスペース保存の方向性に関する考察
八木 雄太郎
東海地震津波の被害想定地区の市街地および交通基盤の開発年代と地形的特徴

2012年度

修士論文

石橋 知大
心理的・物理的要因からみた都市空間における環境音の評価
平田 琢真
土地利用変遷から見る都市構造の変化と災害リスクの評価
松本 智行
東京低地の水辺空間における災害時の輸送ポテンシャルに関する研究

卒業論文

木村 貴文、工藤 圭介
透過素材と灯りから見た渋谷・赤坂・巣鴨の街路空間の分析
新井 陸 
銀座地区におけるミツバチの採蜜行動を通した都市緑地整備への新たな視点
内山 浩介、榎本 澄香
新宿駅周辺の地上・地下の競合空間における歩行者の選好傾向
杉本 晋也
生活優先道路の通過交通対策のパターン分類と安全性評価
中川 達慈、山内 雄太郎
江東区における津波避難場所の火災を考慮したリスク評価
平野 裕詞
津波に関する防災理念の変化と自治体の対応
宮尾 隆大
東京都豊島区の木造住宅密集地域整備の時間的要因からみた課題の検討
山中 あかり
藤沢・江の島周辺に予想される津波襲来時における観光客の避難誘導の課題

2011年度

修士論文

小野木 隆之
東京23区における液状化予測エリアの土地利用変遷と町丁目別リスクの判定
髙橋 慎弥
東京23区における道路・地形条件と緑地に関する研究
直井 雄基
葛飾区洪水ハザードマップの利用者属性を通して見た課題の抽出
福田 晃 
新宿区のボーリングデータを通してみた地質構造の特徴と地震危険エリア
谷内 道実
横浜市における立地から見た高齢者施設の災害リスクの研究
吉田 涼 
江戸川区の浸水予測地帯における小規模エリアでみた避難対策

卒業論文

市川 拓也
大田区における複合型災害のパターン化と地域特性
大類 良太、下城 洋人
墨田区におけるハザードマップの課題と改善策の検討
加藤 修平、八戸 彰太郎
荻窪駅前の商業地の変容構造とその要因
神田 渓子
秦野市鶴巻地区における防災行政無線の設置計画の検証
日山 雄貴
渋谷駅周辺に設置された屋外広告の空間分析
松藤 哲正
浦安市の土地利用と鳥類分布の特徴

2010年度

修士論文

秋本 秀憲
新見附濠における可視水面の動的ゾーン特性
岩井 創 
千代田区富士見・番町地区のボーリングデータによる原地形の復元と支持層の可視化
小川 俊平
自然流下地形を利用した外濠周辺地区の水辺空間再生に関する研究
貴俵 聡史
イメージマップの記述における動的過程の基礎的研究

卒業論文

石倉 尚 
主言語が与える都市空間認知への影響
日向野 有仁、丸 善哉
環境調査を通して見る外濠の複合機能
石橋 知大、清塚 隆史
江戸と現代の王子の音風景の変化
菊地 祐輔、松本 智行
埼玉県の古代集落立地と現代の市街地分布の関連性
清野 高広、土屋 亮介
伊豆半島における観光地の災害リスク
内藤 拓真、山下 耕平
視覚を通してみた情報空間としての街路の区間特性
平田 琢真、山中 悠揮
神楽坂地区における安全性と景観改善の両立に関する研究
箭野 弘一
東京都心外濠周辺地区における植樹の変遷と地形条件の関係